即効性を考えれば睡眠薬が最適

不眠や寝付きが悪いなど睡眠に問題を抱えている人は多いですが、不眠症解消の即効性を求めれば睡眠薬が最適です。特に医師が処方する睡眠薬は直ぐに効果を発揮するメリットがありますが、使い続けると副作用に悩まされてしまう場合があるため、睡眠薬に頼りすぎず原因を根本から改善していくことが大切です。精神的に不安定な場合もありますし、単純に眠れないだけの場合もあります。どんな状態でもすぐに眠りにつけるメリットがありますが、副作用を考えるとできるかぎり控えることも大切です。運動不足により眠れない場合やストレスが原因になっている場合など、不眠には色々な原因がありますので原因を特定し治療を進めていくことが大切です。治療により問題が解消できれば睡眠薬の即効性に頼る必要がなくなりますので、病気であれば治療を進めていくことが大切なのです。長い間使い続けると副作用の心配もありますが、常用した場合には薬の効き目が悪くなってしまいます。同じ量では効果が出にくくなってしまうため、常用するのは避ける必要があります。即効性の高さによって簡単に不眠を解消できますが、不眠の解消には薬に頼るのではなく原因を特定し治療を行うことが大切です。副作用は様々ですが、吐き気や頭痛めまいなどがありますし、常用していると幻覚や記憶が部分的に無くなるなど深刻な状況が起こる可能性もあります。睡眠薬にはメリットがありますが、副作用が心配ですから治療によって原因を治すことが大切です。

飛行機内での時差ボケ対策に睡眠薬はNO

海外旅行を楽しみにしていたのに時差ボケで頭がすっきりしないということはよくあります。そういう時の対策として睡眠薬を利用するというものがあります。海外旅行をする場合、時差が5時間以上あると時差ボケがおきやすいです。症状として日中の眠気や疲労感、頭重感、睡眠障害などです。時差ボケの症状は東方向へ行く場合に重くなる傾向がありますので、旅行前は十分に睡眠をとるのが基本ですが、東へ向かう方は数日前から早寝早起きの習慣を身につけ、逆に西へ向かう方は遅めに寝て遅めに起きるようにするといいです。しかし滞在が短期であれば到着後も無理に現地の時間にあわせる必要もないでしょう。長期であればそうはいきませんので、いろいろやってみてもだめだった場合は睡眠薬の処方を医師に相談してみるのがいいです。しかし飛行機内での睡眠薬の服用はあまりオススメできるものではありません。飛行機内で熟睡してしまうとエコノミー症候群になってしまう可能性があるからです。これは急性肺血栓塞栓症というもので、飛行機で長時間旅行した後に降りた時、いきなり呼吸困難やショック症状を起こし、ひどい時には亡くなってしまうことがあるという病気です。これを防ぐためには水分をよくとり、飛行機内でも時々体を動かすようにしたほうがいいといわれています。ですから睡眠薬を飲んでぐっすりと寝てしまうのは避けたほうがいいのです。できるだけ薬に頼らないように対策を行いましょう。